cocobitoな日々

よかったらシェアしてくださいね!

cocobitoな日々

cocobitoを9月に開園してから3ヶ月が経ちました。

入園当初泣いていた彼は、この3ヶ月元気に通ってくれました。

9月は星山から出ることにあまり気が向かず、ノコギリやトンカチ、ボンドなどを使って製作をすることが大好き。

ノコギリのことを「じこじこ」と呼んで。

「さっ今日もじこじこしよっかな♪」

とノコギリを片手に枝を切ったり竹を切ったり、それをボンドでつけたりを楽しんでいました。

ゲルの完成が相次ぐ台風の影響や、秋雨前線による長雨の影響で遅れていたので、毎日風の向きを考えながらのテント生活。

テントの下で焚き火をしておやつ作り。

おやつの時間の中でも

「火は木を食べるの?空気も食べるの?」

「もっと食べろ~(木を焼べてくれる)」

「柿の種は土と仲良くなれるけど、これはなれないの?(プラスチック製品)だからポイしない?」

3歳ならではの、湧き上がってくる「なんで?」という疑問に、

大人が改めて気づかされるつぶやきがたくさんありました。

園生活当初は、ご飯の後に眠そうな仕草があったので、小さなテントを出して図書館にしたりゆっくり横になれる場所を作って過ごしました。

しかし「テントは嫌なの」と小さなテントにも警戒。

日々過ごしていると「さっテントだそっか~」と指揮をとり、ペグを打つためにトンカチを準備。

慣れた手つきで、ほぼ100パーセントの命中率でペグ打ちをしてくれます。

星山が安心できる場所と感じてくれた彼は、

行動範囲も徐々に広がってゆき、色水づくりのオシロイバナや、どんぐりを探してたくさん歩けるようになってきました。

「お散歩も、探検も行かない」と言っていた頃は、

山の斜面も山に対して垂直に立って歩いて登ろうとして、後ろにいる保育者にもたれて行こうとしていました。今ではその頃の姿が懐かしく感じます。

「お願いね~って木を掴むの?」

「手をついて行けば大丈夫」

と話しながら公園や海など、目的地での遊ぶ楽しさを知った彼は、山道を歩くスピードが上がり、くだりはトレラン選手のように走っています。

ふくらはぎの筋肉がしっかりとして、胸板も厚くなり体格が変化してきたのは、毎日会っている私たちでも感じるほどです。

もともと作ることが大好きな彼、

あーとたいむから始まった絵の具遊びも日々変化していきました。

ダンボールのお家作りでは

色ごとに場所を決めて塗る

色をまぜてみる(色が遊びにいったという表現から、混ざっている色をまじいろと表現していく)

しぶきのように飛ばしたり

叩いてみたり

どんどんダイナミックに、全身で表現しながら

「絵の具やりたいな~」と日々作り込んでいきました。

cocobitoが活動している星山の環境は、造園のウッディー達や林業さん、ボランティアの皆様の応援でこの3ヶ月の間にもたくさんの変化がありました。

その中でcocobito保護者のお母さんからいただいた嬉しい言葉。

「ない状態を体験できるのも貴重な経験」

作られてゆく様子も、作られていない時も

”今しかない瞬間がたくさんある毎日”

ゲルの完成が少し伸びたことで、過ごしていたテントでの暮らしや焚き火おやつ、山も整備をしながらの生活を親子で楽しんで登園しくれていたことが、何より私たちの力になりました。

cocobtoに来てくれて本当にありがとうございます。

そして、星山地域の皆様

毎日「今日も来てるね」と声をかけていただけること、

たくさんの笑顔と美味しい季節のおすそ分けを本当にありがとうございます。

この地域が大好きで、皆さんに会ってお話しできるのが嬉しくて、故郷のように感じています。

「あなたたちの年齢の人じゃないとできないね~^^」と

暖かく迎えてくださったことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

最後になりましたが

いつもインスタグラムやFacebook、Blogを見てくださる皆様

皆様のイイネ!や、いただけるコメントが私たちの励みになっています。

応援していただき、ありがとうございます。

よいお年をお迎えください^^

また来年もどうぞよろしくお願い致します。

よかったらシェアしてくださいね!

星山からの贈り物

よかったらシェアしてくださいね!

10月29日に活動している星山を語るうえで欠かせない存在の

田中林業さんたちが来てくださいました。

星山がジャングルで何も前が見えなかった状態の時から

この山に来てくださってる林業さんたち。

cocobito に通ってくれている小さな人にも

林業さんのお仕事をそばで見て欲しいと思い

一緒に作業をしました。

今回は

⭐️ウッドチップをひきつめる

⭐️山に光をいれること・風の通り道をつくる

をお願いしていました。

林業さんがウッドチップを持って来てくれると

「おりゃー!」と掛け声勇ましくお手伝いをしてくれます。

ウッドチップを敷いた場所は、見違えるように綺麗になりました。

敷き詰めたウッドチップは2トン以上。

午前中には綺麗に敷き詰められました。

午後は、3階と呼んでいる大イチョウの場所のさらにうえのスペースへ。

この場所も4月に田中林業さんに草刈りをしていただいて現れた場所でした。

数日前に斜面登りをして探検をした場所。

たくさんの木が覆い繁り、前が見えないような状態を、光や風の通り道を考えていただきながらの作業。

今回は、この場所からさらに

獣道を通りたどり着いた場所がありました。

そこだけ空からの日差しを集めているかのように暖かな場所。

「いいところ見つけました^^」

と話してくださる林業さんの笑顔にも心がほっかりと温まります。

蔓や藪が少しの隙間もなく足元から頭の上まで覆い茂っていましたが。。

林業さんたちの鮮やかな手さばきで、鬱蒼として暗かった場所が、息を吹き返すように明るくなっていきます。

3mほどに伸びている藪を、小さな人が通ることを考えてくれ

歩いても痛くないほど綺麗に切ってくださいました。

休憩時間には

星山の銀杏を炒って

みんなでアツアツを♪

あっという間の1日でしたが、3階のうえのスペースは

見違えるように明るくなり、新たな場所へと歩ける階段も作ってくださいました。

星山にひっそりと眠っていた場所がまた一つ

林業さんの暖かい気持ちがぎゅっとつまって

贈り物のように作られた1日でした。

本当にありがとうございます。

この場所を早速今日お散歩してきました。

まだ少し残っている藪もトンネルにすると

楽しかったね^^

これから少しずつ変わる星山も、今しかないその瞬間を楽しもうね♪

 

よかったらシェアしてくださいね!

cocobito9月開園しました⭐️

よかったらシェアしてくださいね!

はじめに、台風や震災により日本の各地で大きな変化のあった一週間でした。

皆様が1日も早く安心して過ごせますようお祈りをしております。

cocobitoの開始は9月3日からを予定していましたが、台風が過ぎた9月5日からスタートとなりました。

この一週間は慣らし保育期間。

今までと違う場所、大人、たくさん心の中で葛藤しながら。

気持ちを出して大きな声で泣いたり、

ちょっと安心感を覚えて遊びに集中したり、

笑顔をたくさん見せてくれたり、

ちょっと寂しくなったり、

泣かずにバイバイができてハイテンションだったり、

と毎日見せてくれる表情や気持ちの変化があり、大きな心の成長があった一週間でした。

初日、二日目

お母さんと離れることが今までなかったので、涙、涙。。

「なんでお母さんいないの?」

「どこにいったん?」

とお母さん探しにお散歩。

駐車場を確認しに行きたいと歩きます。

駐車場までの道中で、地元の方にたくさん声をかけてもらい

「泣いてるのか〜?大丈夫だぞ〜」と採れたてのナスをいただいたり^^

暖かく見守られている環境を再確認。ありがとうございます。

「お母さんはお山にお迎えに来るからね」

と話すと。「お山で待ってる」と涙をふきふき。

気持ちを切り替えて、

工作が大好きな彼は

手形をおしたり

ノコギリに挑戦したり

切った枝に穴が空いていたので、そこに糸通しをしたり

たくさん切った枝をボンドで貼って

素敵な作品をたくさん生み出した一週間でもありました。

まだまだ暑い日が続いていたので、作品作りの合間に

水遊び♪

流しそうめんの竹は根強い人気です。

「流れる所に竹のトンネルしよー」

「あ!これ流れないな」(節のある竹)

よく見て考えて答えを自分で出せる姿が素敵です。

水てっぽうも仕組みを覚えてお水がなくなると、

「じゅーでんじゅーでん」(充電)

土日を挟んで今週はどうかな。。?

と思っていた私たちでしたが、お家から自分で行く!と決心して月曜日、火曜日は笑顔で登園。

「お母さんいってきてな」

とお母さんにバイバイをして、遊び始めることができました。

送り出してくれるお母さんも、彼の決心もとてもかっこよかったです。

ここからたくさん遊びを広げていこうね^^

好きなことをたくさん見つけていこうね。

やりたいことをやってみようね♪

これからどうぞよろしくね^^

明日は、初めてのあーとたいむ♪

賑やかになる1日が今から楽しみです。

あーとたいむは毎月第2・第4水曜日に開催します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてくださいね!

森の基地物語〜モンゴルゲル完成までの道のり①〜

よかったらシェアしてくださいね!

8月の上旬にクラウドファンディングでも目標にしていた、

森の基地となるモンゴルゲルが大陸と海を渡り葉山町の星山へ届きました。

モンゴルゲルの総重量は約300〜400㎏

モンゴルでは今でも遊牧民の人たちの家になっているので、

現地ではさらにゲルの中にベットがあったり、家具があります。

ゲルが到着して、しばらくウッドデッキの上に雨にぬれないようにカバーをしていました。

台風が来るたびにゲルは大丈夫かな??と心配になった数週間でした。

モンゴルゲルを建てるにあたり、今回も素敵なご縁の中で進めることができました。

日本に留学しているモンゴルの素敵な青年3人が

朝早く、千葉から駆けつけてくれました。

星山に着いてゲルを見ると3人のスイッチが入ります。

テキパキと素早く荷ほどきをして、パーツごとに分けます。

 

格子状の木の壁は一つ一つ牛の皮で止まっています。

5つの壁になる木の格子をはじめは感覚で配置していきます。

この5つのパーツをパズルのように組み合わせてしっかりと結んでいきます。

ドアも組み合わせて紐でしっかり結びます。

本来ならドアは南向きに建てるそうです。

3人に「南はどっちだろう?」と聞いたら「あっち!」と即座に方向がわかり、そのことにも驚きました。

ここまで本当に手早い3人、「モンゴルで何度も建てたことあるの?」

という質問をしたら3人とも大きくうなずき

季節とともにゲルを建て直すということを教えてくれました。

夏は暑いので断熱材などを調整したり、逆に冬場はとても寒いのでたくさん断熱をするそうです。

現地モンゴルの断熱はフェルトを使ったり自然の中にあるものでしているそうです。

休憩なしで真夏日の中動く3人。

「水分補給しよう!休憩〜!」

と伝えると「モンゴルでは建て終わってから休憩するから途中で休まない」とのこと。

本当に働き者の3人です。

でも暑いので少し休憩してからまたスタート!

外側の壁が終わったら次は屋根を支える部分を作っていきます。

紐でしっかりと固定していきます。

そして固定したものを「せーの!」でおこしていきます。

結構な重量感・・・

おおよそ真ん中の感覚で建ててみてから、

丸い部分の屋根の中央部分の木の位置と、ドアの位置を目で見ながら微調整していきます。

位置を合わせたら屋根になる部分の棒を差し込んでいきます。

6個感覚で棒を入れていました。

この作業の繰り返しなのですが、一本差し込むと3本下に落ちたり。。

力のバランスがとても微妙で、微調整しながら感覚を研ぎ澄ませて組み立てていきます。

果てしなく感じた屋根の組み立てですが、3人は淡々と何度も微調整をして、声をかけあい直していきます。

出来上がった屋根の基礎はとても美しく、見とれてしまいました。

出来上がった骨組みに薄い布をかけていきます。

一枚の布がかかるだけで、ゲルの完成を間近に感じます。

もう一枚の厚手の布を最後にかけます。

薄い布と、厚手の布の間に断熱材をいれて冬場は過ごすそうです。

暑い布をかけた後は柔道の帯のような紐でしっかりとゲル全体を絞めていきます。

全員で「せーの!」で引っ張ります。

3本の帯が締まって、屋根にも布をのせて完成です♪

モンゴルゲルの作りは

木・ロープ・布で出来上がるとてもシンプルなものでした。

この移動式住居を建てるのに

感覚・みんなで作る間合い、

がとても重要なことを感じました。

この3人の感覚や働き方、工夫がとても素晴らしく、彼らの姿から学ぶことがたくさんあった時間になりました。

夢を追いかけながら日本で頑張っている3人。

新聞配達をしたり、自分の夢の為に勉強している話をしてくれました。

今回は急遽決まったモンゴルゲルdayでしたが、またモンゴルのお話や彼らと交流する機会を改めて考えていきたいと思います。

このゲルももう少しカスタマイズが必要なので、またその様子などもお伝えしていきたいと思います。

バヤルララー(モンゴル語でありがとう^^)

 

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてくださいね!

星山の木材を、お友達が。。。

よかったらシェアしてくださいね!

造園屋さんの友達が熊谷からお手伝いに来てくれました。

薪置き場に置いていた木材は、チェーンソーで輪切りにして、

子どもたちの積み木や、アートの材料に変身!

虫食いの穴も、味があって表情豊か。

どんなふうにつかっていこうかなぁと、わたしたちの想像力もむくむく膨らんでいくのを感じました。

また、草いっぱいで見えなかった敷地も手際よく草刈りをしてくれて、新しいエリアも発見!

今後どうデザインしていくかまた考えていこうと思います!

cocobito
あたたかい応援の中進んでいけることに、
ありがとうの気持ちでいっぱいです。

よかったらシェアしてくださいね!

クラウドファンディングありがとうございました。

よかったらシェアしてくださいね!

クラウドファンディングありがとうございました!

クラウドファンディングを7月28日に終えてからも、

応援したかったのに渡し忘れた!とご支援してくださる方が多く、

応援してくれている心に触れるたびに、

本当に嬉しい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいになります。

75日間応援、ご支援いただきありがとうございました!

ブログでのお礼をするのが遅くなってしまいました。。。

暑い毎日ですが、星山の場作り作業は進んでいます。

8月に入り、草刈りの達人のようになってきました笑

cocobito畑は、台風を何度か経験しながらも、

少しづつ実りをもたらしてくれています。

トマトとオクラはcocobito畑を気に入ってくれたようです♪

ひまわりは日に日に大きくなり、お日様をおいかけています。

夕方まで作業してヘトヘトな体に、空から素敵なプレゼントがあったりして。

自然のチカラに癒されながら、作業をすすめています。

8月11日は星山の日♪

まだ受付しております!ぜひご参加くださいませ。

 

 

よかったらシェアしてくださいね!